株式会社JSOL(以下 JSOL)とfreee株式会社(以下 freee)は、金融機関に向けたサービス提供における連携を目的とし、業務提携をしました。
 JSOLの提供するFinCast®業況劣化予測(以下 FinCast)とfreeeの提供するモバイルアプリサービス「freee入出金管理」を組み合わせて利用することにより、金融機関は取引先企業の業況変化をより高度に分析できます。

【背景と概要】

 FinCastは銀行が保有する取引先企業の入出金データをAIで分析し、当該企業の業況変化を予測するサービスです。しかし、取引先企業は、複数の金融機関と契約していることが多く、導入した銀行の保有データだけでは、高度な分析を行えないケースがあることが課題でした。
 freee入出金管理は導入先企業の複数の金融機関の入出金データを集約しています。今回の提携でFinCastを導入する金融機関は、freee入出金管理を通じて取引先企業の入出金データを分析できるようになります。
 金融機関およびJSOLとしては、取引量が少ないため、予測の精度が上がらないという課題の解決を図ることができ、他金融機関との取引状況から新たな傾向を分析し、業務に活用することが期待できます。freeeとしては、freee入出金管理とFinCastを連携することにより、AIによるトランザクション分析という新たな価値を提供することが可能となります。

概要図

各サービス概要

freee入出金管理

freeeが提供するサービスで、複数の預金口座情報を集約し、口座残高や明細の管理ができるモバイルアプリサービスです。freee入出金管理にサインアップし、銀行口座を同期していただくと、スマートフォンで銀行口座情報を確認することができるようになります。

FinCast

JSOLが提供するサービスで、AIが取引先企業の口座情報(入出金情報)の動きをリアルタイムで分析することにより、企業の業況変化を早期に検知することが可能です。AIの分析モデルは、過去のデータ推移パターンから未来の企業の業況を予測するものとなります。AIを利用することにより、人の判断およびルールベースでの検知では気が付かない変化も検知することが可能となります。

今後について

 今後、JSOLとfreeeは本サービスを全国の金融機関に展開し、金融機関の与信管理業務のさらなる高度化を実現することを目指します。
 また、本業務提携を通して、データプラットフォーマーであるfreeeとデータ分析・AIを得意とするJSOLで、新たな価値を創造し、提供することを目指します。

株式会社JSOL

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川 雅俊)

JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客さまのより幅広いニーズにお応えできるICTサービスコーディネーターです。
2009年1月、NTTデータ、三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究所との業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更するとともに、NTTデータグループおよびSMBCグループの一員として、お客さまのビジネスに貢献できるICTソリューションの提供に取り組んでいます。

freee株式会社

(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐々木 大輔)

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務freee」などを通じ、バックオフィス業務の効率化だけでなく、経営の可視化や課題解決の提案を行っています。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値」を提供し続けます。

  • 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

  • 本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

株式会社JSOL
一般のお客さま
株式会社JSOL ソーシャルトランスフォーメーション事業本部 松井
TEL:03-5859-6001

報道関係者さま
株式会社JSOL 経営企画本部 新開
TEL:090-4847-3065