株式会社JSOL(以下 JSOL)は、2021年10月5日よりAI(*1)がPC内蔵のカメラ映像からスマホやカメラでの画面撮影の兆候を検知するソリューション「J’sCutt」( JSOL Camera Unable To Take monitor )の販売を開始しました。

背景

 働き方改革の推進や新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の流行により、シェアオフィスの利用など、場所を選ばないテレワークが進んでいますが、テレワークなどで用いられるPCはセキュリティー対策が不十分なケースが多く、さまざまな情報漏洩リスクが懸念されています。
 JSOLでは、想定されるさまざまなリスクの中で、PC画面の盗撮による情報漏洩に焦点を当て、研究開発を行ってきました。

「J’sCutt」の概要

 「J’s Cutt」は、PCに内蔵されたカメラの映像を常時取得し、AIで判定を行います。判定の結果、スマホやカメラでの画面撮影の兆候があった場合、検知・記録し、指定された管理者に通知されます。また、PC画面から顔が外れたりカメラをかざしたりするとスクリーンセーバーがかかる機能も備わっています。
 なお、本ソリューションは利用するPCにインストールすることで、ご利用いただけます。

「J’sCutt」が捉える兆候(例)

スマホカメラ検知:

PC付属のカメラでスマホがかざされたことを検知して管理者へ通知します。

のぞき見検知:

画面を他者がのぞいていることを検知し、スクリーンセーバー表示に切り替えます。

カメラ正常性検知:

カメラに人が映っている状態かを検知し、異常な場合はスクリーンセーバー表示に切り替えます。

オンプレミス動作/オフライン動作:

情報漏洩リスクの少ないオンプレミス環境(*2)で提供しています。また、管理端末に接続できないオフライン環境でも、後から画面撮影の兆候を検知したログを回収して監査を行うことが可能です。

想定される主なリスク

  • テレワークなどの隔離された環境での盗撮行為

  • データセンターなどの高セキュリティーエリアでの盗撮による情報漏洩

  • シェアオフィスで背後から他の人にのぞき見をされる

今後について

 JSOL社内環境での「J’sCutt」の運用開始を予定しています。自社環境での本運用を通し、継続してサービスの品質向上に努めます。
 また、今後は代理店企業と協業し、顧客開拓および事業拡大を目指します。

*1 AI:人工知能
*2 オンプレミス環境:自社運用のネットワーク環境

株式会社JSOL

(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前川 雅俊)

JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客さまのより幅広いニーズにお応えできるICTサービスコーディネーターです。
2009年1月、NTTデータ、三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究所との業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更するとともに、NTTデータグループおよびSMBCグループの一員として、お客さまのビジネスに貢献できるICTソリューションの提供に取り組んでいます。

  • 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

  • 本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

一般のお客さま
株式会社JSOL プラットフォーム事業本部 藤田
TEL:080-8152-8322

報道関係者さま
株式会社JSOL 経営企画本部 新開
TEL:090-4847-3065