株式会社JSOL(以下 JSOL) は、3月4日に一般社団法人日本機械学会(以下 日本機械学会)が、経済および社会的貢献の大きい機械工業に関する新技術に授与する、 2021年度 日本機械学会賞(技術)を受賞しました。

 受賞内容は以下の通りです。ここで開発した解析技術は、多種多様な複合材の成形工法に対応した複合材成形解析モデリングツール「J-Composites®」として商用化され、自動車・重工・材料などの企業で、製品の開発・設計に活用されています。

 本技術により、今後の産業界において繊維強化プラスチック材料の適用・量産化が加速することが期待されています。

2021年度 日本機械学会賞(技術)

受賞内容:

繊維強化プラスチック材料のプレス成形シミュレーション技術の開発

受賞者:

JSOL エンジニアリング事業本部 西 正人、林 信哉

2021年度(令和3年度) 日本機械学会賞ほか受賞者

複合材成形解析モデリングツール「J-Composites®」

  • 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

  • 本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

株式会社JSOL エンジニアリング事業本部