株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)と株式会社JSOL(以下:JSOL)は、2022年4月から、株式会社常陽銀行(以下:常陽銀行)の法人営業の実業務において、口座入出金データを活用した「資金需要予測AIモデル」の効果検証を開始しました。「資金需要予測AIモデル」の活用によって、これまで以上に早い取引先企業の取引状況検知を可能とし、常陽銀行における取引先企業への先回りしたアプローチやデータ分析結果に基づく提案品質向上を目指します。
 NTTデータとJSOLは今後、本取り組みを通じて常陽銀行におけるデータに基づく営業活動の定着と業務高度化の拡大に向けた支援を継続していきます。

背景

 常陽銀行はめぶきフィナンシャルグループの中期経営計画の中で『地域とともにあゆむ価値創造グループ』を目指しており、地域のステークホルダーのさまざまな課題に寄り添い、ともにあゆみ解決することで、新たな価値を創り続ける、という長期ビジョンを掲げています。
 その実現にあたり、より多くのお客さまの期待と信頼に応えられるよう、顧客接点や課題解決力・提案力の向上など、営業活動高度化に取り組んでいます。
 NTTデータとJSOLはAI技術を活用して同行における営業活動高度化に向けた支援について検討を行い、取引先企業の口座入出金データから資金需要見込みを予測するAIモデル(注)を開発しました。
 2022年1月から3月に実施した過去の口座入出金データを用いたPOC(机上検証)で一定の成果を得ていることから、4月よりAIが出力した予測結果を常陽銀行の全店に展開し、法人営業担当者の実業務での提案活動における効果検証を行っています。

注釈
※注: JSOLのFincast®ソリューションを応用

口座入出金データを活用した資金需要予測AIモデルの狙い・概要

 「資金需要予測AIモデル」は常陽銀行の法人取引先における膨大な入出金データを学習し、過去の取引推移パターンから将来の資金需要を予測します。AIを活用することで、従来の経験に基づく人の判断では気が付かない変化の検知が可能となります。
 今回の取り組みを通じて、以下の狙いに対する有効性を検証していきます。 

  1. タイムリーな融資提案・・・取引先の資金需要に対して先回りしたアプローチ

  2. 融資提案の質向上・・・データ分析結果に基づく取引先との会話品質向上

  3. 新規顧客への融資提案 ・・・純預金先等への提案機会の創出

図 口座入出金データを活用した「資金需要予測AIモデル」導入による期待効果

効果検証の概要

  1. 目的
    常陽銀行の法人取引先への営業活動において「資金需要予測AIモデル」を活用し、実業務での有効性検証を行う。

  2. 期間
    2022年4月~2022年8月

  3. 内容

    • 「資金需要予測AIモデル」が出力した予測結果一覧の還元/営業提案活動への活用

    • 予測と実際の融資結果の比較による定量効果検証

    • 営業担当者へのアンケートによる定性効果(顧客応対・品質向上など)の調査/確認

今後について

 NTTデータとJSOLは、本効果検証の結果を踏まえながら、口座入出金データを活用した「資金需要予測AIモデル」の一層の改善・精度向上を図ると共に、常陽銀行におけるデータに基づく営業活動の定着と業務高度化の拡大に向けた支援を継続していきます。

  • 「Fincast」は日本国内における株式会社JSOLの登録商標です。

  • その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
広報部 西原
Tel:080-8160-8079

株式会社JSOL
経営企画本部 広報部 新開
Tel:090-4847-3065

製品・サービスに関するお問い合わせ先

株式会社NTTデータ
第二金融事業本部 第二バンキング事業部 デジタル企画室
上野、川野
Tel:070-4162-0643

株式会社JSOL
ソーシャルトランスフォーメーション事業本部 事業企画・開発部
松井、木村
Tel:080-2186-6480