会社情報

ニュースリリース

2014年05月26日

株式会社JSOL
JSOLとウォーターセル農業生産者向けソリューションで協業
〜クラウド農業支援サービス「アグリノート」の蓄積データから収穫予測サービスを提供〜
 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)はクラウド農業支援サービス「アグリノート」を提供するウォーターセル株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役:長井 啓友、以下「ウォーターセル」)と、農業生産者向けソリューションサービスの提供において協業することを発表します。

 今回の協業ではJSOLが開発した農業生産者向け収穫予測モデル(2013年12月11日 発表)とウォーターセルが開発したアグリノート(2012年3月12日 発表) 別ウィンドウで開く の連携を行います。

 JSOLの収穫予測モデルとアグリノートの連携により、アグリノートに蓄積される農作業情報など各種データの分析処理を行い、リアルタイムに収穫見通しが見えるようになります。これによって農業経営者は、需要変動に合わせた出荷計画の調整や、収穫見通しに合わせた適切な人員配置ができ、より高度な「収穫予測にもとづく経営判断」が実現可能となります。

 現在、JSOL、ウォーターセル、アグリノートをご利用中の農業生産者が連携し、アグリノートに蓄積されたデータをJSOLのデータサイエンティストチームが分析を行い、農業生産者に分析結果の提供を行っております。今後、JSOLは収穫予測モデルの品種・地域等の多様性に対する適合精度を高める取り組みを進めていくと同時に、ウォーターセルとの協業により農業生産者へのサービス提供を加速させていく予定です。

◆アグリノートについて
アグリノートは農業分野において農作物の生産管理・記録にかかる労力をITのチカラで軽減し、リアルタイムに作業者と管理者間のスムーズな情報共有を実現するクラウド型プラットフォームです。農家の方の要望から生まれたアグリノートは、今後も利用者の意見・要望に基づき進化を続けていく予定です。

◆ウォーターセル株式会社について
http://water-cell.jp/ 別ウィンドウで開く
ウォーターセル株式会社は、個人事業として2010年10月に設立されました。「情報を整理し、ネット・バーチャルとリアルを融合させ、モノと情報を繋ぎ、人と人を結ぶ情報プラットホームを構築することで社会に貢献。」をミッションに掲げ、農業情報プラットホーム/農業支援システム「アグリノート」の開発・運営を主な事業とし、常にお客様の視点に立った、使いやすいインターフェイスをお客様に提供します。


■株式会社JSOL
http://www.jsol.co.jp/
所在地 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 代表取締役社長 中村 充孝
資本金 50億円
株主 株式会社NTTデータ、株式会社日本総合研究所
設立 2006年7月
事業内容 株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション分野において、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループ及び三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社JSOL 金融・公共ビジネス事業部 営業グループ 真鍋・物部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

報道関係者様
株式会社JSOL コーポレートマネジメント部 新開
TEL:090-4847-3065 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。