会社情報

ニュースリリース

2015年03月12日

株式会社 JSOL
ハイブリッドクラウドソリューションとして「Equinix Cloud Exchange」による
マルチクラウドサービスを提供開始
 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、エクイニクス(Nasdaq: EQIX、日本法人代表取締役 古田敬、以下エクイニクス)が提供する「Equinix Cloud Exchange」を活用したマルチクラウドサービスの提供を開始します。

 JSOLはこれまで、ハイブリッドクラウドソリューションにより、パブリッククラウドを既存のオンプレミス環境と組み合わせた最適なサーバー基盤の構築と、長年の実績と知見を活かした運用管理サービスの提供を実現してきました。
 この度、「Equinix Cloud Exchange」の活用により、一本の専用線で複数のクラウドが利用できるというコストメリットを生み出すソリューションの提供を開始し、パブリッククラウドに縛られない柔軟な構成を活かし、新たな価値の創出を実現してまいります 。

【ご提供する Equinix Cloud Exchange のソリューション概要】
(1) ハイブリッドマルチクラウド提供サービス
複数のパブリッククラウドを一つの専用線で利用できる環境を提供し、オンプレミス環境と複数のパブリッククラウドを高速で接続・通信できる環境に構成します。
(2) ハイブリッドマルチクラウド運用管理サービス
複数のパブリッククラウドで構成された柔軟な環境をJSOLにて運用管理し、安心・安定の運用品質をご提供します。
図説


■エクイニクス様からのエンドースメント 
この度、株式会社JSOL様に、エクイニクス『Equinix Cloud Exchange』を活用した、マルチクラウドサービスのご提供を開始して頂きまして、大変感謝致します。
Equinix Cloud Exchangeの特徴は、様々なクラウドとハイパフォーマンス、高い信頼性、ハイセキュリティに 直接接続出来るソリューションです。
JSOL様は、長年にわたり多くのIT基盤全体の、構築から運用までの経験や実績と、エクイニクスが提供する、シームレスかつオンデマンドな直接接続を提供する、Equinix Cloud Exchangeを組み合わせる事により、企業がクラウドとの接続に求める、高速性、安全性、低コストなどのニーズに応え、お客様のビジネス成長の加速を支援して行きます。

http://www.equinix.co.jp/ 別ウィンドウで開く
日本法人所在地 東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル33階
代表者 代表取締役 古田 敬
日本法人設立 2000年6月


■株式会社JSOL
http://www.jsol.co.jp/
所在地 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 代表取締役社長 中村 充孝
資本金 50億円
株主 株式会社NTTデータ、株式会社日本総合研究所
設立 2006年7月
事業内容 株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション分野において、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループおよび三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社JSOL 基盤ソリューション事業部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

報道関係者様
株式会社JSOL コーポレートマネジメント部 新開
TEL:090-4847-3065 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。