個別開示の効率化と精度向上を推進し、支払に関する透明性の確保を支援

企業の透明性を確保するために、医療関係者様への報酬を個別開示することが求められています。しかし、「集計作業が煩雑で労力がかかる」、「精算と公開情報作成が連携しておらず、多重入力によるミスが心配」など悩みを抱えるお客さまも少なくありません。製薬企業向け外部支払管理ソリューションは、個別開示に関するさまざまな課題を解決し、「支払に関する透明性の担保」を支援します。

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • Excelで支払集計をしているため、工数や時間がかかる。

  • 同意書取得・精算・公開情報作成の仕組みが連携しておらず、多重入力や入力ミスが発生。

  • 個別開示項目(A項目個別開示や臨床研究法など)に未対応で、手作業で処理しなければならない。

JSOLバリュー

  • 入力元情報による公開情報出力を自動化。

  • 入力~公開までをシームレスに連携。

  • 医療関係者様からのお問い合わせ対応を支援。

  • 予防統制リスクマネジメントの強化を実現。

  • 経費・出張精算処理の効率化を促進。

サービス内容

JSOLでは、公開に関する3つの業務機能(1.同意書管理、2.各種支払精算、3.公開情報作成)を提供し、個別開示に関する業務の効率化を支援します。

入力元情報による公開情報出力の自動化。

個別開示に必要な情報を入力時点から保持し、最終公開データイメージまでを自動集計します。各現場でデータ配信や修正を行うため、所管部門の作業負担も軽減できます。

入力~公開までのシームレスな連携。

データ入力から支払処理、公開までのプロセスを連携させることで、多重入力をなくし作業効率を高めます。また、各ステータスを管理し、入手漏れや支払漏れなどの気づきを促進します。

医療関係者様からのお問い合わせ対応を支援。

公開情報の元となる支払データを、明細情報として管理・保持するため、医療関係者様からのお問い合わせにも迅速に回答できます。

予防統制リスクマネジメントの強化。

公競規・プロモーションコードなどの業界規約違反を防止する、チェック・ワーニング機能を搭載しています。

経費・出張精算処理の効率化。

源泉税計算や日当計算、部門振替、会計仕訳転記などの精算業務に対応しています。各種計算や仕訳生成を自動化し、経理業務の簡素化を実現します。

ソリューション提供イメージ

外部支払管理ソリューション全体図

機能ごとの提供が可能なため、経費精算は既存のシステムを活用しながら、同意書と透明性に関する機能のみを導入することもできます。

外部支払ソリューション全体図

全体業務フロー

外部支払ソリューション全体業務フロー

導入実績

製薬企業 A社 様 

プロジェクト名称

外部支払管理システム構築プロジェクト

導入背景・狙い

研究開発費の個別開示など拡大する透明性ガイドラインへの対応および、マイナンバー法への対応のための外部支払管理情報の集約と可視化。

導入内容・特徴

講演会や研究開発費などの請求書精算の仕組みと確定した支払情報からの公開情報と源泉情報の収集の仕組みを構築。
確定した支払情報を過年度にわたってシステムで管理することにより、医療関係者に関するマイナンバーBPO業者への情報の削除依頼を行うなど適正な管理を実現した。

導入効果

透明性ガイドラインへの対応業務および支払調書作成業務に必要な源泉情報の統合作業の効率化。マイナンバー情報の収集ステータスの一元管理、およびその作業効率化 担当者の負担軽減、正確性・整合性の担保。

製薬企業 B社 様 

プロジェクト名称

全社ワークフロー再構築

導入背景・狙い

全社ワークフローの再構築に合わせて、公開情報に関する業務のシステム化を実施。システム化による、同意書の入手状況とイベント等の実施状況、および医療関係者への支払の状況のトレーサビリティの実現。かつ公開情報作成に関する作業効率化のアップ。

導入内容・特徴

同意書情報のマスタ化と同意書情報に紐づいた日次の支払情報を蓄積する機能を構築。日次の支払情報を確認することで、リアルタイムでの公開情報の作成を実現した。

導入効果

同意に関する状況の一元管理とトレーサビリティーの確保。透明性ガイドラインへの対応業務の効率化。

本ソリューションについてのお問い合わせ

法人事業本部

お問い合わせ