ソリューション

ソリューション

SAP AMOサービス

企業におけるICT活用の増加に伴い、その運用保守の負担は増え続けてきました。その結果、本来は事業戦略に資するICT活用を進言する立場のIT部門が、既存システムの世話にほとんどの時間が取られてしまっているというケースは少なくありません。従って、そうした運用保守を外部委託するのは企業として当然の選択肢となりますが、社内人材のスキル・レベルや設備の有無等により、AMOサービスに求められるサービス内容は企業によりさまざまです。
JSOLのSAP AMOサービスは、フルアウトソーシング、アプリケーション保守、基盤運用等の細かなサービス・メニューを用意し、お客様の体制、予算にあった最適なサービスを提供します。従来は、お客様個社専任の保守チーム体制を組み、問い合せ、障害等の迅速な対応を第一とするサービスを提供してきましたが、共通領域等で要員をシェアリングし、サービス品質を落とすことなく、必要なサービスを予算内で提供します。

ソリューション内容・手法

お客様によって基幹システムの構成、エンドユーザー・情報システム部門の体制は千差万別です。運用保守の役割分担に関しても、フルアウトソーシング〜自社運営まで、お客様によってさまざまなご要望があります。しかし一方で、システム運用保守費用は固定費のため、その削減を経営から強く要請されており、今までのシステム運用保守を見直し、将来を見据えた形に変えていく必要があります。JSOLは、柔軟性の高いAMO(Application Management Outsourcing)サービスを提供し、お客様の将来にわたってのシステム運用保守の負担を軽減します。

特徴

  • フルアウトソーシング、アプリケーション保守、SAPベーシス保守、基盤運用等、お客様のニーズに合わせてサービスの提供が可能。
  • 現状のシステム資産、保守運用業務を診断し、業務運用効率化の提案。
  • 細かなサービスメニューを準備し、お客様の体制にあったサービスの提供、費用の最適化が可能。

SAP AMOサービス

  • ・SAPシステム構築から本稼動開始後のシステムの保守・運用まで一貫したサービスを提供します。
  • ・アプリケーション運用・保守の枠組を超えた、フルアウトソーシングサービスを提供します。
SAP AMOサービス 図説

標準的なサービスパターン

標準的なサービスパターン 図説

導入効果

  • お客様のICT戦略に合ったサービスを提供し、お客様の強みを生かした組織運営が可能。
  • 現状のシステム資産、保守運用業務を診断することで、資産重複、非効率な運用を顕在化。その改善を実施することにより、組織運営、業務運用、保守費用の最適化を実現。
  • お客様にとって真に必要なサービスを必要なだけ受けることが可能となり、費用削減を実現。

ソリューション内容

機能(サービス)概要

  • 基幹システム、周辺システムを一括してハウジング、保守運用を実施
  • 代表的な基幹システムであるSAPのインフラ(ベーシス)保守を障害対応から、パフォーマンスチューニングまで保守メニューとして提供
  • 短期間(1ヶ月程度)のシステム資産、運用保守診断を実施
  • 問合せ、障害対応、変更依頼、データ登録等、各タスクに対する役割範囲を詳細に規定し、必要なサービスのみ提供

特徴

  • ITILに準拠した統合運用システムを採用し、システム監視からアプリケーション保守サービスを実施
  • システム資産の診断では、システムの利用度、重複度を評価、システム運用保守の診断では、インシデントを分析することで、運用保守の特徴、課題に関して、対応策を提案
  • お客様に必要なサービスを必要なだけ提供するために、保守のタスクを細分化し、お客様との役割分担を明確に規定。それに加えて、サービスロケーション(オンサイト、リモート)、サービス時間をお客様にニーズに合わせて調整。

サービスメニュー概要

サービスメニュー概要 図説

標準的なサービスイメージ
(お客様情報システム部門がレベル1サポートを実施するケース)

標準的なサービスイメージ 図説

対象業種

  • 全業種

実績

業種:不動産業
B社様

プロジェクト名称

基幹システムフルアウトソーシング

導入背景・狙い

情報システム部門は現業も兼務のためシステムをフルアウトソーシング。

導入内容・特徴

基幹システムをSAPおよびフロント(Jsol製)で構築後継続して保守サービスを提供。ヘルプデスクサービスも実施し、エンドユーザーへの業務支援も実施。

導入効果

フルアウトソーシングにより情報システム部門の運用作業を大幅削減。エンドユーザー支援により年次、月次イベントの安定稼動を実現。

業種:医薬業
C社様

プロジェクト名称

基幹システムアプリケーション保守

導入背景・狙い

情報システム部門にて一次レベル保守は実施。二次レベル保守をアウトソーシング。

導入内容・特徴

情報システム部門でカスタマイズも含む一次レベル保守を実施。障害問い合せ、プログラム改修依頼に対してリモートで保守サービスを実施中。契約を短期間とし、ボリュームの見直しを契約単位に実施。

導入効果

必要なサービス・ボリュームをお客様の予算に合わせて提供。保守サービス費用を削減した費用で業務改善、新規案件を実施。

関連リンク

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

ソリューションのお問い合わせ 株式会社JSOL 製造ビジネス事業部 TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033 MAIL:rfi@jsol.co.jp

最新の顧客事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

注目のソリューション

システム共通基盤ソリューション(intra-mart)

短納期・低コスト開発、および標準化の推進・品質向上によるIT投資の効率化を可能とするソリューションを提供します。

IFRS対応ソリューション

制度対応を優先した守りの対応から、グループ経営管理の高度化を目指した攻めの対応まで、JSOLでは、業務ノウハウを熟知したメンバーが、お客様を支援します。

ERP導入クイック・アセスメント

JSOLは豊富なERP導入実績に基づき、短期間で経営戦略の実現を加速するシステム化構想の策定を支援します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。