ソリューション

ソリューション

DAL社 EDIパッケージ製品(ACMS)

ACMSとは株式会社データ・アプリケーション(DAL社)が開発したEDIパッケージ製品のことで、EDI(電子商取引)を中心としたデータ交換やSAP社のERPシステムなどとの連携機能を有しています。全銀手順やJCA手順、FTPといった従来型EDIからJX手順やAS2といった次世代EDIまで幅広く対応し、さらにはWebEDIやメールEDI、FAX連携にも対応しています。基幹システムと連携したB2B環境を容易に構築でき、すでに1,600社、7,000サイト以上が導入しています。(DAL社調べ)
JSOLはDAL社のビジネスパートナーとして、ACMS製品(ACMS E2XやACMS B2B)やデータ変換ツールのAnyTranなどDAL社製品の販売を行うとともに、30年以上のEDIサービスの実績と運用ノウハウに基づき、お客様の課題解決や価値創出をお手伝いします。

ソリューション内容・手法

JSOLはACMS製品を使用したEDIサービスの実績に基づき、お客様の要件に合わせた、コンサルティングからシステム構築・アウトソーシングまで一貫した体制で、最新・最適のソリューションを提案します。

DAL社の主要EDI製品一覧

  1. ●ACMS Apex

    セキュリティーおよび可用性の高い、エンタープライズ・データ連携基盤

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・データ連携のツールが複数あり、導入コストや保守コストが膨れ上がっている
      • ・PCI DSS(*1)など高セキュリティーに準拠したデータ連携を行いたい
      • ・災害時の業務継続リスクを回避したい
      • *1 PCI DSSとはPayment Card Industry Data Security Standardの略で
           クレジットカード業界の国際的な情報セキュリティーの基準のことです。
    • 導入効果
      • ・ACMS Apex に統一することで運用負荷、コストを削減
      • ・情報セキュリティー準拠でセキュアなデータ保管やデータ連携を実現
      • ・サーバー障害時に自動的に切り替わり、データ連携を継続
  2. ●ACMS E2X

    企業内外のさまざまなシステムを連携し、ビジネス環境の変化に強いB2B環境を構築

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・EDIシステムとERPなど社内システムとシームレスにつなげたい
      • ・社内の複数サーバーにまたがるアプリケーションを連携させたい
      • ・取引先や通信手順ごとにあるさまざまなEDIとそれに連携した社内システムを一元管理したい
    • 導入効果
      • ・取引業務におけるリードタイムの短縮
      • ・社内システムをシームレスにつなぐデータ連携基盤の構築
      • ・リアルタイムな連携によるSCM(サプライチェーン)の効率化
  3. ●ACMS B2B

    従来型EDIから次世代EDIまであらゆるEDI形態をサポートするB2B環境を容易に構築

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・受発注の小口化・多頻度化によるシステム負荷を軽減したい
      • ・実績のあるB2Bサーバーで企業間取引システムを構築したい
      • ・国内だけでなく海外の取引先にもグローバルEDIを展開したい
    • 導入効果
      • ・取引ボリュームに関わらず業務を省力化
      • ・取引先の個別仕様に煩わされず短期間でシステム構築が可能
      • ・世界規模の次世代EDIをワンパッケージで実現
  4. ●ACMS Lite Neo

    JX手順対応、容易な導入と運用が強みの中小規模システム向けのEDIクライアント・ソフトウェア

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・運用が簡単で低価格のEDIパッケージを導入したい
      • ・JX手順だけでなく、全銀TCP/IPもクライアントで使いたい
      • ・業務アプリケーションにEDI機能を組み込みたい
    • 導入効果
      • ・システム専任者がいない環境でも容易に運用が可能
      • ・ACMS Lite Neo 一つで流通BMSのJX手順にも、従来型手順の全銀TCP/ IPにも対応
      • ・Microsoft.NET 活用で業務環境への組み込み利用が可能
  5. ●ACMS WebAgent

    煩雑になったWebEDIのブラウザ操作を自動化することで業務効率の向上を実現

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・WebEDI を導入しているが、WebEDIのブラウザ操作にかかる工数を削減したい
      • ・取引先がファイル転送型のWebEDIを行っている
      • ・従来から使用しているEDIシステムを残しつつ、 WebEDIシステムを導入したい
    • 導入効果
      • ・WebEDIのブラウザ操作自動化で受発注業務工数を削減
      • ・基幹システムとも自動連携でリードタイムを短縮
      • ・ACMSシリーズとの連携で統合管理が可能
  6. ●AnyTran

    企業内外のデータ連携時のデータ変換、フォーマット変換、漢字コード変換をノンプログラミングで実現

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・データ連携やDB移行のたびにデータ変換プログラムを開発しなければならない
      • ・EDIで顧客ごとにフォーマットが違うため、フォーマット変換する負担が大きい
      • ・オープンシステム連携での漢字コード変換の負荷が大きい
    • 導入効果
      • ・データ変換部分がノンプログラミング化で開発の生産性向上
      • ・豊富な標準フォーマット対応によりフォーマット変換の工数を大幅に削減
      • ・豊富な文字コード対応によりコード変換の工数を大幅に削減

SaaS + BPO型のEDIアウトソーシング運用をお考えの方へ

JSOLではDAL社製のACMS製品の販売だけでなく、EDIのアウトソーシングサービスをSaaS + BPO型で提供しています。
自社でEDIを運用しているが、EDIシステムのアウトソースをお考えの方
電話やFAXからEDIに切替をしたいが、コスト面や納期面でお悩みの方
ぜひ一度、JSOLへご相談ください。

    • こんな課題をお持ちの方へ
      • ・現在、EDIを自社で構築・運用しているが、
         流通BMSやインターネットEDIなどの新技術を早期に導入したい
         EDI関連のハードやソフトウェアの保守切れごとに発生するICTコストを削減したい
         EDIに関する運用コストの削減をしたい
         万が一の災害時に備え、DR(ディザスタリカバリ)のシステムを構築したい
      • ・電話やFAXからのEDI化を早期に低コストで実現したい
    • 導入効果
      • ・従来型EDIから次世代EDIまで幅広く対応しており、早期に導入可能
      • ・EDIに関する開発コストや運用コストの削減が可能
      • ・オプションでDR (ディザスタリカバリ)を利用することが可能
      • ・EDIはもちろん、WebEDIやメールEDI、FAXといった幅広い選択肢の中から最適な
         ソリューションを提案

■お問い合わせ、資料請求はこちらから
EDIクライアントソフトをお探しのお客様、 データ変換ツールをお探しのお客様、ACMSやRACCOON(ラクーン)などDAL社の製品にご興味をお持ちのお客様は 以下アドレスよりお問い合わせをお願いします。
rfi@jsol.co.jp

※お問い合わせやお見積もりなどのご相談対応は土日祝日および年末年始を除く、弊社営業日・営業時間内でご対応させていただいております。なお、内容によってはお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承いただきますようお願いします。

DAL社製品に関するリリース情報

  1. ●DAL、統合EDI製品「ACMSシリーズ」最新版を発売
    最新データベースをサポート(2017/08/31)

    ACMS E2XやACMS B2Bの最新版(version4.7)が販売されます。
    最新版の主な特徴としてはデータベースの対応バージョンが拡大した点になります。
    マイクロソフト社のSQL Server 2017やオラクル社のクラウドサービス:
    Oracle Database Cloud Serviceなどにも対応しました。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  2. ●DAL、統合EDI製品「ACMSシリーズ」最新版を発売
      INET-Z手順で複数の取引先/大規模EDIに対応(2016/07/29)

    ACMS E2XやACMS B2Bの最新版(version4.5)が販売されます。
    クライアントソフトであるACMS Lite Neoについても最新版(version1.8)が販売されます。
    最新版の主な特徴としてはインターネットを利用した全銀TCP/IP手順(INET-Z手順)のデータ交換がよりセキュアにまた複数証明書を保持できることでより柔軟になったことです。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  3. ●DAL、データ連携のハイエンドモデル「ACMS Apex」を発売 (2016/05/24)
    既存製品ACMSシリーズ(=ACMS E2XやACMS B2B )の「最上位」モデルとして、「ACMS Apex」(エーシーエムエス エイペックス)が発売されます。
    最新版の主な特徴としては業務システム間の連携機能強化とPCI DSSの準拠になります。
    グローバル化、経営判断の迅速化、DR(ディザスタリカバリ)の実現などのため、業務システム間の連携は従来より高度・複雑化しております。連携のためのファイル転送やジョブ管理、データ変換などを単一ソフトウェアで実現できるのが、ACMS Apex 。
    さらに、主にクレジットカード業界を中心に採用されており、近年では他の業界や企業でも注目を浴び始めている、グローバルなセキュリティ基準= PCI DSSにも準拠しております。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  4. ●DAL、統合EDI製品「ACMSシリーズ」最新版を発売
    2016年4月開始予定の電力小売全面自由化を全面サポート(2016/01/13)

    ACMS E2XやACMS B2Bの最新版が販売されます。
    最新版の主な特徴としては2016年4月開始予定の電力小売自由化のための機能が追加された点です。
    電力広域的運営推進機関のスイッチング支援システムへWeb-API(SOAP)連携を行うために必要な同期型HTTPクライアント機能が追加されました。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  5. ●DAL、統合EDI製品「ACMSシリーズ」の最新版を発売
    セキュアなファイル送受信が可能な「SFTPサーバ」機能を実装 (2015/01/07)

    ACMS E2XやACMS B2Bの最新版が販売されます。
    最新版の主な特徴としてはSFTPサーバ機能が実装されている点です。
    SFTPクライアント機能と合わせて、従来のFTPよりセキュアなファイル転送(SFTP)が双方向で可能となりました。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  6. ●DAL、EDI製品「ACMSシリーズ」の最新版を販売開始 (2014/05/20)
    ACMS E2XやACMS B2Bの最新版が販売されます。
    最新版の主な特徴としてはOFTP2に準拠した通信機能が実装され、OFTP2準拠ソフトウェアとして認定を受けています。
    ※OFTP2・・・欧州の自動車業界におけるデータ交換用プロトコルのデファクトスタンダード

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  7. ●DAL、新製品データ ハンドリング プラットフォーム「RACCOON」を発売 (2014/03/25)
    RACCOONは異なるシステム間のデータ連携時やシステムマイグレーションにおけるデータ移行時などでデータ変換やフォーマット変換、文字コード変換などをノンプログラミングで実現するツールです。
    また、簡易ETLとして利用すれば、ビックデータの活用も促進されます。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

  8. ●DAL、AWSでEDIパッケージ「ACMSシリーズ」の動作検証を完了 (2013/06/04)
    ACMS E2XやACMS B2B、AnyTranの3製品がアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で利用できるようになりました。
    Windows Azure上での検証はすでに完了しており、 Amazon EC2やWindows Azureなど
    クラウド環境でのEDI利用が今後普及していくと思われます。

    詳細内容については以下のリンクからDAL社ホームページをご覧ください。

対象業種

  • 全業種

関連リンク

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

ソリューションのお問い合わせ 株式会社JSOL 基盤サービスビジネス事業部 TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033 MAIL:rfi@jsol.co.jp

最新の顧客事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

注目のソリューション

システム共通基盤ソリューション(intra-mart)

短納期・低コスト開発、および標準化の推進・品質向上によるIT投資の効率化を可能とするソリューションを提供します。

IFRS対応ソリューション

制度対応を優先した守りの対応から、グループ経営管理の高度化を目指した攻めの対応まで、JSOLでは、業務ノウハウを熟知したメンバーが、お客様を支援します。

ERP導入クイック・アセスメント

JSOLは豊富なERP導入実績に基づき、短期間で経営戦略の実現を加速するシステム化構想の策定を支援します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。