⾦融機関と企業の安全なデータ取引を実現する、NTTデータの新サービス「AnserDATAPORT」の移行や導入を支援

「AnserDATAPORT®」は、INSネット®に代わる新たなファイル伝送サービスの1つです。閉域ネットワークを利用した、安全で高速な通信が可能です。
2024年1月に廃止になるINSネットディジタル通信モードへの対応にもご利用いただけます。

業務

業種

キーワード

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • INSネット廃止に伴い、代替となる後継サービスへの早急な切り替えが必要

  • EDIの導入に際し、EDIや「AnserDATAPORT」に対応できる担当者がいない

  • 複数の金融機関と個別にEDI接続を行うのは、導入・運用面で負荷が高い

JSOLバリュー

  • 閉域ネットワークを用いたファイル伝送サービス「AnserDATAPORT」への切り替えを支援

  • EDIに関する技術、ノウハウがあり、銀行接続の実績も豊富

  • 各金融機関との接続をJSOLが担い、お客さまの負荷を軽減

サービス内容

AnserDATAPORT接続サービス

AnserDATAPORTとは?

「AnserDATAPORT」(ADP)は、株式会社NTTデータが各金融機関向けに提供しているファイル伝送サービスです。
閉域ネットワークサービス「Connecure®」を利用することにより、企業・自治体が銀行ごとに個別のネットワークを引くことなく通信が可能です。

閉域ネットワークは、誰でも利用できるインターネットとは違い、拠点間に閉じたネットワークシステムです。
インターネットとは分離して構築され、悪意のある人物が侵入しづらいため、安全にファイルの送受信が可能です。
これにより、金融機関と、企業・自治体との安全な取引を実現します。

また、全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)対応で、従来の運用やアプリケーションを大きく変える必要なく移行が可能なことから、多数の金融機関・団体が取り扱いを開始しています。

株式会社NTTデータ 

AnserDATAPORTサイト

Connecureサイト

AnserDATAPORTの提供機能

AnserDATAPORT(ADP)は、全銀協標準通信プロトコル(全銀TCP/IP手順・広域IP網)に準拠したデータ、および、銀行とお客さま(企業・自治体)間で定めた任意のフォーマットのデータの伝送が可能です。
また、AnserDATAPORT(ADP)は授受したデータの内容を確認する照合機能を搭載しています。
データの授受や、内容の照合・承認をADP内で完結することで、ペーパーレス化・自動化による事務コストの抑止が可能となります。

各金融機関 取り扱いサービス例
  • 総合振込

  • 給与振込/賞与振込

  • 預金口座振替依頼/預金 口座振替結果

  • 売掛金などの入金消し込み

  • 伝送データの内容確認(照合機能)

など

  • 提供サービスは、提供主体である金融機関(銀行)さまごとに異なります。

2024年問題への対応

AnserDATAPORT(ADP)は、EDIのいわゆる「2024年問題」を解決するサービスのひとつです。
NTT東日本・NTT西日本は、携帯電話の普及率上昇による固定電話契約件数の減少や、公衆交換電話網(PSTN)の設備維持の限界などを背景に、2024年1月以降、固定電話の設備を切り替えることを決定しました。これにより、通信料金の変更や一部サービスが終了となります。
終了する一部サービスの内、従来の全銀手順、JCA手順などを使用したEDI(レガシーEDI)で多く利用されてきたのが、ISDNのINSネットディジタル通信モードです。
このサービスの終了により、従来のEDIが事実上使用できなくなるのが、いわゆる、EDIの「2024年問題」です。
これにより現在、INSネットを用いたEDIは、インターネットや閉域ネットワークなど別の回線を使ったEDIへの早急な切り替えが必要です。
ADPは、閉域ネットワークサービス「Connecure」を利用しているため、従来のEDIの後継となり得るサービスです。

  • INSネットはNTT東日本・NTT西日本が提供するISDN回線のことです。

  • INSネットディジタル通信モードとは、ISDNのINSネットサービスの標準機能の1つで、EDIなどのデータ伝送に特化した通信モードのことです。

AnserDATAPORT接続に対するJSOLからのご提案

AnserDATAPORTの導入に際して

業務の効率化・自動化のため、または、2024年問題などへの対応のために、AnserDATAPORT(ADP)を導入しようにも、そう簡単にはいかないのが実状です。
下記のような課題や負荷がシステム担当者にあると考えます。

  • AnserDATAPORT(ADP)などの金融機関接続に関する新知識の習得

  • 現在の環境(回線や接続設定、金融機関への連絡先など)の把握

  • 導入方法の策定(通信方式や仕様の把握、移行計画、業務影響の確認、社内調整など)

  • 導入サービスに合わせたインフラ設備の用意や増強

上記のような課題や負荷を、JSOL EDI AnserDATAPORT接続サービスを利用いただくことで、転嫁・軽減することが可能です。

  • ご利用の金融機関がAnserDataPortサービスに対応しているか、代行業者での接続が可能かなどご確認をいただく必要がございます。

サービス特長

JSOLは、貴社のAnserDATAPORTの導入、切替、運用を支援します。

導入負荷の軽減

AnserDATAPORT(ADP)は、株式会社NTTデータが提供する閉域ネットワークサービス「Connecure」を回線として利用します。
そのため、本来AnserDATAPORT(ADP)を利用する際は、企業よりNTTデータにConnecure回線の利用申込や敷設工事が必要となります。
しかし、JSOLのAnserDATAPORT接続サービスをご利用いただく場合、JSOLが持つ専用線接続を共用でご利用いただけます。
また、敷設済みの回線を利用するため、短納期でAnserDATAPORT(ADP)のご利用を開始いただけます。

JSOL EDI AnserDATAPORTご利用イメージ

JSOL EDI AnserDATAPORTご利用イメージ

※通信先の金融機関さまがAnserDATAPORT(ADP)に対応している必要があります

AnserDATAPORT(ADP)は銀行ごとに個別のネットワークを敷設する必要がありません。
AnserDATAPORT(ADP)を導入している金融機関であれば、同一の回線、手順で取引が可能で、すでに全国の金融機関が導入を開始、または検討着手しています。

早期移行対応

2024年問題を背景に、従来型EDIからの切替を早期に対応するには、以下のような作業が必要になります。
JSOLではEDIに関し豊富な経験とノウハウを所持しており、対応期間の短縮が見込めます。

移行対応例
運用負荷の軽減

EDI、およびConnecureの運用をJSOLが一括して担うことにより、貴社の負荷を軽減します。

なお、従来型EDIの移行に関して、JSOLでは、AnserDATAPORT接続サービスの他にもさまざまなご提案が可能です。
お客さまの環境・ご要望に合わせたサービスを提案します。

  1. インターネットEDIによる接続サービス

  2. 専用回線・閉域接続によるサービス

  3. Web-EDIの構築サービス

  4. 各種診断・コンサルティングサービス

関連リンク

本ソリューションについてのお問い合わせ

お問い合わせ