ASPで運用管理の負荷やコストを削減し、SWIFT接続の多彩な課題を解決

金融機関がSWIFT接続するために必要な、端末、プリンター以外の設備をASPサービスで提供。

業務

業種

キーワード

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • SWIFT接続の回線やサーバー、アプリケーションなど設備の維持管理が負担。

  • 専門のシステム知識を持った担当者が高齢化し、ノウハウの継承が困難。

  • 次々と変更されるSWIFTの制度へ、多くの時間が割けず対応に不安。

JSOLバリュー

  • ASPサービスのため、ユーザー側でシステムの運用管理が不要。

  • 500km以上も離れた場所にDRセンターを設置し、重度な広域災害にも耐えうる設計を実現。

  • SWIFTが提供するソフトウェアSAA(SWIFTAlliance Access)の利用で、制度変更にも確実に対応。

  • 日本最多(契約数70以上)の導入実績で、お客さま同士の交流も積極的に推進。

  • 豊富な知識を持つ、日本語対応ヘルプデスクの利用が可能。

  • 外為関連サブシステム構築ベンダーとの豊富な連携実績により、業務効率の大幅な向上を実現。

  • 頻繁に変更されるSWIFTの制度に対し、共通で利用できる新サービスを多数のオプションで展開。

サービス内容

SWIFTサービスビューロ ASPサービス

JSOLは2003年11月に、日本で初めてSWIFTサービスビューロの運用を開始しました。現在70社を超えるお客さま(2020年3月現在)が加盟し、日本最大のユーザー数を誇ります。(当社調べ) また、SWIFTのShared Infrastructure Programmeに従って、堅牢なデータセンターにSWIFT接続サーバーを設置し、サーバーや回線の二重化はもちろん、災害対策用のサーバーを設置するなど、SWIFT接続に求められる業務継続(BCP)に配慮した設計・運営を実現し、お客さまへ安全・安心の利用環境を提供しています。
メインサービスである「SWIFTNetFIN接続サービス」に加え、次のオプションサービスを用意し、お客さまを手厚くサポートします。

  • AMLチェック利用サービス(Sanctions Screenig)

  • AMLモニタリング利用サービス(Secure Paymentを採用)

  • CSPサポートサービス(二要素認証用デバイス配布)

  • 為替コンファメーションマッチング利用サービス(MT300、320のマッチング用)

特徴 図説

導入実績

横浜銀行様 

導入効果

堅牢なセキュリティー対策と豊富なコンティンジェンシー・プランによる高い安全性、そして業務負荷の軽減を評価。

証券会社 S証券様 

導入効果

セキュリティーの強化と、受信所要時間の大幅短縮による業務の効率化を実現。

中国銀行香港支店様 

導入効果

グローバルレベルにおける事業継続(BCP)環境の実現を高評価。