取引先様のWeb発注データを基幹システムへ取り込み、受注業務の負荷を飛躍的に低減

Web受発注システムの乱立で、受注担当者様は取引先様ごとに異なったWeb受発注システムへアクセスし、発注データの確認や納品情報の入力などが必要になり、業務の手間やリードタイムが増大しています。JSOLでは、受注業務における負荷やコスト、入力ミスなどを削減できるJSOL Webデータ引継サービスソリューションやJSOL EDIサービスを提供しています。

業種

キーワード

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • 取引先様でWebEDIが導入されているが、毎日のチェックや入力に作業負荷がかかる。

  • 取引先様から受発注ソフトが配布されているが、専用端末の維持管理が面倒。

  • 取引先様ごとに異なる発注データなので、基幹システムへの取り込みが困難。

JSOLバリュー

  • いちいち取引先様ごとにアクセスする必要がなく、受注データの処理業務を自動代行。

  • 専用端末も不要になり、メンテナンスコストや障害のリスクも削減。

  • 取引先様の発注データを、受注データとして基幹システムへ自動的に取り込むことも可能。

サービス内容

Web受注全般の業務を一貫して効率化し、受注担当者様の負荷を大幅に削減。

JSOL Webデータ引継サービスは、JSOLが提供するWeb受注システムの1つで、 JSOL EDIサービスを通して取得した小売業者や卸売業者からの発注情報を画面から確認したり、納品情報を入力することができます。また、入力した納品情報や発注情報をもとに、個社別の納品書(PDFファイル)も出力することが可能です。
流通BMSメッセージにおける発注から出荷までの基本の流れでは、小売や卸売からの発注情報の一部項目を出荷情報(納品情報)にセットする必要があります。 JSOL Webデータ引継サービスでは、発注情報の項目を引き継ぐことができます。さらに、発注情報についてはJSOL EDIサービスを経由し、お客さまの基幹システムなどへ連携することも可能です。JSOL Webデータ引継サービスで入力された納品情報についても、発注者側へ指定のレイアウトで連携することができます。

JSOL Webデータ引継サービス、JSOL EDIサービスの導入イメージ

引継サービスのイメージ図

Web受発注システムにおける入力側の課題

取引先様のWeb受発注システムごとに個別のアクセスが必要。

取引先様が主導でWeb受発注システムを導入された場合、お客さまの受注担当者様は取引先様のWeb受発注システムへアクセスし、発注データがないか画面で確認したり、納品日や出荷数量などの納品情報を画面から入力する必要があります。取引先様が異なるとWeb受発注システムも異なり、 Web受発注システムごとの仕様や操作を覚えなければならず、操作マニュアルの整備やパスワードの定期的変更など負荷が高まります。Web受発注システムの仕様や操作が異なるため、受注担当者の操作ミスや入力ミスが発生し、電話での訂正などのケースも多く見られます。

受発注ソフト配布の場合は専用端末の維持管理負荷が発生。

取引先様には、受発注ソフトを各社に配布するケースもあります。取引先様からの発注情報を、インターネットや電話回線などを通じて取得するようなクライアントソフトを、お客さまのパソコンやサーバー環境にインストールするタイプです。このケースでも、Web受発注システムと同じく個社仕様の課題とともに、インストールするPCやサーバーの維持メンテナンスが発生し、当該のPCやサーバーに障害が発生した場合、受注データを受け取れないリスクがあります。

個別に異なる発注データの基幹システムへの取り込みが困難。

取引先様の発注データは、お客さま側の基幹システムに受注データとして取り込む必要があります。手作業による取り込みに時間やコストがかかるのはもちろん、取引先様ごとに異なる受注データのファイルレイアウトに対し、基幹システムでデータ変換をするような仕組みづくりが不可欠です。また、取引先様が増えるたびに追加開発が発生したり、取引先様側のレイアウト変更による保守改修なども発生します。

JSOL Webデータ引継サービスですべて解決

受注データの処理業務を一括して管理。

取引先様のWeb受発注システムへいちいちアクセスする必要がなくなり、JSOL Webデータ引継サービスがすべてを代行します。本サービスは他社のソリューションとは異なり、取引先様ごとにログインをする必要がありません。

専用端末のメンテナンスコストやリスクも削減。

専用端末でのデータ交換を、本サービスやJSOL EDIサービスに置き換えれば専用端末を維持管理する必要がなくなり、メンテナンスコストや障害リスクも発生しません。

取引先様の発注データを基幹システムへ容易に取り込み可能。

取引先様からの発注データは、発注先に関係なく固定フォーマットでお客さまの基幹システムと連携することができます。また、取引先様側にレイアウト変更などがあっても、自社側の基幹システムには追加開発などが発生しません。

JSOL Webデータ引継サービス、JSOL EDIサービスの導入イメージ

サービスの導入前後イメージ図

関連リンク

本ソリューションについてのお問い合わせ

金融・サービス事業本部

お問い合わせ